【サッカー】韓国選手、トヨタの看板を踏むなど日本の自尊心を踏みにじる行為ををしたことに対し「本当に知らなかった」と弁明
3462a578

韓国は今月1日に行われたアジア大会決勝でライバルの日本と対戦した。延長後半12分に日本のFW上田綺世に1点を返されたが、2-1で逃げ切って大会2連覇を飾った。

問題となっていたのは、イ・スンウがゴール直後に日本のトヨタ自動車株式会社の看板によじ登り、両耳に手をつけて喜んだパフォーマンス。

当時、韓国『国際新聞』では偶然にもイ・スンウが上がった看板は、日本の自動車企業のトヨタのものだった。彼の意図とは関係なく、結果的に日本の自尊心を踏みにじるセレモニーとなったと報じていた。

14日にユーチューブチャンネルに登場したイ・スンウは「(日本戦のパフォーマンスで)よりによってトヨタの看板を踏んでいる」というユーザーの書き込みに困惑する様子を見せたという。

本当に知らなかった。本当に見ていなかったんだと、看板には気づいていなかったことを強調したようだ。


引用元:http://

【ネットユーザーの反応】
日本にとっての不幸 隣国が韓国であること

知らないじゃ子供の説明。すみませんでした、があって大人の説明。大会スポンサーでもあるんでしょうから。

知らなかったのを百歩譲ったとしても、謝罪は?

看板乗った後に一度降りて看板を確認して再び乗ってたから確信犯だと思います

韓国は嫌いだし、敗けたのは悔しいけど、日本人は君たちと違ってそこまで心は狭くないから何とも思ってない。

とりあえず、彼の所属するサッカーチームにトヨタをはじめ日本企業がスポンサーをすることが今後一切ないことを、彼のチームに伝えてあげればよいと思う

【ツイッター】
square 【ツイッター】『ネクスト速報』公式ツイッターをフォローして最新のニュースを受け取ろう!

【オススメ記事】
※画像をタップすると記事が見れます↓