【GIGAZINE(ギガジン)より】
第二次世界大戦中に米海軍が開発した「2分以内に眠りにつく方法」とは?
1

【記事内容】
第二次世界大戦中、アメリカ海軍の
パイロットの多くが、戦闘から受ける
プレッシャーとストレスによって衰弱

していました。

アメリカ海軍はパイロットたちの
ストレスを緩和させる必要性に
迫られました。

そこでアメリカ海軍は、バド・
ウィンター氏ら研究者を招き、
パイロットをリラックスさせる
方法を開発


ウィンター氏は「睡眠は肉体的にも
精神的にもリラックスしている状態
である
」と定義し、「あらゆる状況
下で、昼夜問わずいつでも2分で寝る
ことができるようにする
」ことを
トレーニングの目的に設定し、
肉体的にリラックスする方法」と
精神的にリラックスする方法」の
2つをパイロット候補生たちに伝授。

1.肉体的にリラックスする方法

椅子に深く腰掛けて、足を床に
つけて、両膝を開いて伸ばします


手は膝の間に置きます。目を閉じて、
顎を胸の上にのせるように引きます


ゆっくりと深く、定期的に深呼吸
しながら、顔の筋肉は全て緩ませ
るように意識
します。

眉間にシワを寄せず、舌や唇さえ
もリラックスさせ、目の周りの筋
肉にも力を入れないように気を
つけます


そして、肩から力を抜いて、
首の後ろの筋肉がマヒしそうな
ほどぐったりと落とします


深呼吸とともに全身の
筋肉をゆるませます


左右の上腕・ふくらはぎ・ふと
ももなど、全ての筋肉へ順番に
語りかけるように、意識的に力
を抜いていきます


もし、なかなか力が抜けない筋肉
があれば、その筋肉に一度ぐっと
力をこめてからわざと緊張させて
から緩めます


これらを繰り返し、最後に3回
ゆっくりと深呼吸
を行います。

これで睡眠状態に移行する
準備ができるとのこと。

2.精神的にリラックスする方法

ウィンター氏は、「肉体的に
リラックスすることさえでき
れば、10秒で眠ることができる

と主張。

ただし、その10秒間で「動きの
あること
」について考えるのは
よくないそう。

ウィンター氏によるトレーニング・
プログラムでは以下の3つのイメージ
トレーニングが提案されています。

・春の日に、静かな湖の上でカヌーに
横たわって青空を見上げている様子を
イメージし続ける

・闇の中で巨大な黒いハンモックに
揺られている状況をイメージする

・自分に『何も考えてない』
とひたすら言い聞かせる


どれも10秒以上、継続して行う
ことが重要だとウィンター氏は
主張。

その結果、リラックスのトレー
ニングを受けたコースの方が、
さまざまなテストや訓練において
良い成績を出していた
そう。

そして、6週間のトレーニングに
よって、パイロットたちの96%が
2分以内にいつでもどこでも寝る
ことができるようになった
との
こと。

引用元:https://gigazine.net/news/20180326-sleeping-in-2-minutes/

【ネットユーザーの反応】

これは良さそう!早速実践。
寝ないとパフォーマンス落ちる


確かに動く事考えてると
全然寝れないなぁ


これは凄く有用なアプローチだなあ。
本当にパフォーマンスを出したいなら、
根性論よりこういう合理的な努力が必要。 


今日やってみよう

横になってから5分以内に寝ると
ほぼ気絶してる状態と聞いたが
これはどうなんだろう?


【ツイッター】
square【ツイッター】『ネクスト速報』公式ツイッターをフォローして最新のニュースを受け取ろう!

【オススメ記事】
※画像をタップすると記事が見れます↓
square【診断】『月曜から夜ふかし』で放送された“心理テスト”がTwitterで話題に!この中のどの動物から別れる?

square【心理テスト】この絵は一番最初に『何が見える?』 選択肢は“カタツムリ・地図・ガイコツ”

square【性格診断】『スマホの持ち方』で分かる“心理テスト”が話題に!意外と当たってる...!?

square【画像あり】『星座別性格診断』が“よく当たる”とツイッターで話題に!みんなは当てはまった?