スマホに「革カバー」でバッテリーが劣化 充電しながらゲームも発熱で劣化の原因に
IMG_8046

かつてスマホのバッテリーは、取り外しできる電池パックだったが、最近のスマホは主に固定式バッテリーを採用しており、バッテリーの寿命=スマホの寿命と言える。デジタル系ライターの板倉正道氏は、バッテリーの扱いは非常にデリケートなのだと語る。

リチウムイオンバッテリーは、発熱や過充電&過放電によってどんどん劣化していくのに、無頓着な人が多すぎる最悪なのはスマホゲーム。充電しながらのプレイは、発熱がすごいことになるので厳禁です。ポケモンGOのために充電しながら真夏の暑い中を歩くなんてもってのほか。スマホにカバーをつけるのも、放熱を妨げるので実はよくありません。特に避けたいのは手帳タイプの革のカバー。熱がこもりやすいんです

また、スマホを充電器につないでから寝る人は多いだろうが、それが過充電につながる恐れが

最近のスマホには過充電防止回路がついているものの、バッテリーは細かなダメージを食らいます。寝る前に充電を完了させ、充電器から外すのがベスト


引用元:ニフティニュース
【ネットユーザーの反応】
風呂で使うから手帳は無理

バッテリーの寿命がくるまでつかわないし落として画面割る方がリスクある

デジタル系ライターなんて、オームの法則も判らない様など素人ばかりだよ。真面な技術者はせせら笑っている

今時のカバーは殆どが穴開いてて放熱できるタイプだよね。いつの時代に生きているんだこの人は

カバーないと落とした時に壊れないか心配になる

折りたたみ式のケータイが最強だった


【ツイッター】
square【ツイッター】『ネクスト速報』公式ツイッターをフォローして最新のニュースを受け取ろう!